ホーム > ピックアップ > ワキの嫌な臭いには使い分けをしよう

ワキの嫌な臭いには使い分けをしよう

シーズンによって、わきがの対策は使い分けをしたいものですね。
私がわきがに気付いたのは、学生時代でした。
制服のワキの所にシミができて、嫌な臭いがしました。
親もわきがだったため、学生時代は清涼スプレーや、ロールタイプを常に持ち歩き、臭いがしたらその都度使っていました。
使った直後は臭いはマシになりますが、汗をかいたり時間がたつとすぐに臭ってきました。

大人になってからは、色々試してみました。
少し値段は上がりますが、わきが専用クリームタイプのものは、汗をかかない冬場などは長時間効きました。
ただ、夏場などの汗をかくシーズンは効き目が弱いです。
わきが専用の石鹸で洗うのもオススメです。
ただ、やはり汗をかいてしまうと臭いには勝てません。
どうしても臭いを抑えたいときは、ワキ汗パッドを使っています。
汗を抑えるクリームもありますが、あまりに暑い時はそれでも汗をかいてしまうので、ワキ汗パッドを使用して、わきが専用のクリームを塗れば夏場でも臭いは防げました。
ワキ汗を防ぐクリームも効果はあるので、シーズンによって色々使い分けることをオススメします。
手のひらの汗の緊張した時の対策